血糖値を下げ抑制する食べ物は?

スポンサードリンク

血糖値とストレスの関係はよく取りあげられますが、血糖値だけではなく生活習慣にはストレスがよくないというのは皆さんご存知の通りです。

まずは疲労を貯めないことが大事です。

では毎日の食事で是非摂って欲しい血糖値を下げたり、抑制する働きのある食材をご紹介します。

004疲労をためない食物の代表的なものにはニンニクや玉ねぎが挙げられますが、血糖値を下げる効果的な野菜がスーパーの野菜売り場に必ずある玉ねぎでしょう。

玉ねぎは血液をサラサラにしてくれます。血糖値を下げるには1日に1/4個が適量ということです。

次におすすめはEPAやDHAというものです。これはブリやサンマ、イワシなどの青魚に特に豊富に含まれています。

EPAやDHAと言えばサプリメントから摂るなんて人も多いのではないでしょうか?

よく食卓に並ぶ魚でもありますが、普段から意識的にとり入れるてはいかがでしょうか?

1日に1g程度とれば動脈効果予防に働くということですが、血糖値を上げないためには大事な魚

次にあげるのが舞茸(まいたけ)です。
血糖値の上昇を抑制する効果があると新潟薬科大が確認したという記事がありました。

これは舞茸(まいたけ)に含まれるα-グルカンが、血糖値の上昇を抑制する効果が確認できたとされています。

血糖値を下げる食材や抑制する食材について調べてみました。

これらの食材は長い間、食事の時に食べて初めて効果があるということですから、一回や二回摂取したからすぐに効果は見込めませんが、定期的に食事の中に織り込んでいくと効果的でしょう。

それは食生活を変え生活習慣も変化していくことになりますから、血糖値を下げたり、抑制するばかりではなく他の病気も防ぐことになっていくのではないでしょうか?
玉ねぎ、青魚(ブリ、さんま、いわし)舞茸(まいたけ)これらを毎日の食卓に是非取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク
PR
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
PR