血糖が高いのはなぜ怖い?

スポンサードリンク

人間の体で気になるの血糖値という人は非常に多いですよね。

004

血糖値が高いとなぜよくないのか?
多くの血糖値が高い人に共通するのは糖尿病が怖いということが多いようです。
血糖値が高い状態が続くと、生活習慣病である糖尿病のリスクが非常に高まるというのはご存じの事だと思います。。

ですから、血糖値を気にするのは、「糖尿病を気にしている」と言う事になります。

糖尿病が怖いのは、それ自体は特に辛い自覚症状もない病気だということです。

しかし、一旦糖尿病になってしまうと、治すのは非常に困難であるとも知られています。

ですから、少しでも血糖値を抑えるための治療が行われるのです。

その中でも一番重要な治療法が生活習慣の改善という治療法が含まれています。
多くの人はその生活習慣の改善が難しく簡単に出来ないことから、糖尿病を恐れているといってもさしつかえないでしょう。

糖尿病はそれほど恐ろしい病気ではないのですが、なぜ怖いのかというと糖尿病はさまざまな合併症を引き起こす原因とされているためためでしょう。

糖尿病が引き起こす合併症の多くは、命のリスクを伴うような怖い病気ばかりだからなのです。

例えば、網膜症を引き起こした場合には失明することもありますし、手足など体の先端が壊死してしまう神経障害という合併症もあります。

それに、人工透析が必要な腎症の場合には、一生人工透析をしなければならなくなります。

糖尿病の三大合併症と呼ばれているのが、この腎症・神経障害・網膜症です。また、糖尿病は血管に障害をもたらすため、動脈硬化や心筋梗塞など、即命に関わる病気を引き起こすリスクも高まります。

血糖値が高くなっているということは、これらの合併症のリスクを伴う糖尿病に近づいている、もしくは、既に糖尿病になっている可能性を示唆しているのです。

私の友人に透析を週3回受けている人がいます。腎症ですね。それから網膜症にもなってしまいました。

血糖が高くなること自体はあまり気にしていなかったようです。

糖尿病と言われ、合併症を引き起こすまで少ない期間でした。

血糖が高くなるとまずいのは皆さん知っていることですが、そのほかの病気が怖いのは「血糖値・高い」というこでしょう。

スポンサーリンク
PR
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
PR