血糖値を下げる運動の効果

スポンサードリンク

血糖値を下げる効果として有効なのは運動療法と言われています。

運動療法は、食事療法、薬物療法と並び、糖尿病治療の有力な手法です。

運動療法ではどんな効果が得られるのでしょう?

 002

運動は、最大の悩みでもある血糖値が高い人を低下させる効果があると同時に肥満の解消にも大きな効果を得ることができます。

すでに糖尿病を患っている人がかかりやすいと言われている血管合併症などの予防効果や信仰を抑制する効果もあります。

通常、体を動かす事が辛い人には運動で体を動かすことが楽になり、日常生活でも快適さを得られるでしょう。

第1の効果

運動をすることにより、エネルギー源として、血液中のブドウ糖を消費するため、運動をすると血糖値が下がります。
その効果は翌日まで持続します。

この運動を、定期的に継続することにより、筋肉や脂肪をエネルギーに変える能力が高まるため、インスリンをその分、節約する効果があり、脾臓の負担を少なくすることができます。

第2の効果

運動をすることにより、脂肪を使うので、定期的に運動すると、体重を減らすことができます。

血液中の中性脂肪や動脈硬化の原因とも言われる悪玉コレステロールを減らし、代わりに善玉コレステロールが増えて動脈硬化を予防する効果があります。

以上が大きな運動の効果ですが、他にもたくさんあります。

主なものを挙げておきます。


・心臓や肺の動きを強化する。
・血圧を下げる効果
・足腰など筋力を強化することによる老化防止
・血液の循環が良くなる。
・ストレス解消
・体力がつき、日常生活ではできなかったことができるようになる。

運動をすることにより、様々な効果が期待できますよね。

しかし、病状によっては悪化させる原因にもなることもあります。
運動内容に注意が必要です。」

お医者さんに相談し、運動のすることの判断と支持を受けることが必要です。

スポンサーリンク
PR
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
PR