ヘモグロビンA1cを下げる食事療法

スポンサードリンク

ヘモグロビンA1cを下げるというのは、イコール血糖値を下げるという意味になります。

051 糖尿病合併症の(足の切断、透析、失明など)発症率はヘモグロビンA1cの正常値から離れた人ほど高いですわけですが、基本的には

ヘモグロビンA1cを下げるなどというと、何かとても難しいことのように思われますが、要は「血糖値を下げるにはどうすれば良いか?」という事になるのです。

下にヘモグロビンA1cが正常値ヘモグロビンA1cの年代別平均値を表にました。

 ヘモグロビンA1c

 20代

 30代

40代

50代

60代

70代

 男性

4.9%

 5.0%

 5.0%

 5.4%

5.6%

5.5%

 女性

4.8%

 5.0%

 5.1%

 5.3%

5.5%

5.4%

年代別のこの数値に近いほど糖尿病のの危険か免れるということです。

ですから、血糖値が高い人はこれを下げるための努力をしなければいけません。

これはもちろん、糖尿病の種類によっても違いがでてきます。

成人病とも贅沢病とも言われる2型糖尿病の場合。

2型糖尿病の場合は、基本的に糖分摂取が多すぎるのが原因となっていますから、まずは当分を抑えることを初めにしますが、食事だけではなく先ず、飲み物から糖分を控えることをしなければいけません。

これを始めとした相対的な食事の量を制限するなどの食事療法を行うことが必須となってきます。
糖分を全く摂らないということではなく、体内で分泌されるインスリンで分解できるだけの糖分を摂るということです。

体内で分泌されれば、問題はないという事になります。

この為、糖尿病では、ほとんどは第一に食事療法から入ることになります。

それに加えて運動も併用するという方法が通常の血糖値やヘモグロビンA1cを下げるための方法でしょう。
糖尿病になる方の多くは肥満傾向の人で、肥満の場合、インスリンの働きが鈍るという結果が出ているからです。

運動することはダイエット効果の体重を落とすという理由からだけではなく、インスリンの働きを正常に戻すという目的があります。

その運動によってインスリンの働きを活性化させるという狙いもあります。
実際に運動をするとインスリンの働きが活発になるというデータもあります。
また、処方薬によってインスリンの分泌を促す薬物療法が取り入れられることもあります。

これらの食事療法や運動、薬物療法によりヘモグロビンA1cを正常値の6.1%(できれば5.8%)に近づけば血糖値も正常値に近づくことになります。

スポンサーリンク
PR
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
PR