ヘモグロビンA1cって?

スポンサードリンク

健康診断でヘモグロビンなどの検査結果をきちんと見ていますか?
異常のある場合は教えてくれます。


009
しかし、基準の範囲内の数値であってもどのくらいかは掌握をしておきたいものですね。

検査結果に書かれている項目の一つについてここでは書いています。

健康診断などの検査結果ではHbA1cと書かれているのが、ヘモグロビンA1cです。

これは、糖尿病とたいへん密接な関係があるヘモグロビンです。

ヘモグロビンとは、言うまでもなく赤血球の中のタンパク質を指していますが、ヘモグロビンは血液中を流れる糖分と結合しやすいという性質があります。

実は、ブドウ糖と結合したヘモグロビンには幾つかの種類があるのですが、その中でも特にヘモグロビンA1cは、血糖値が高いほど、どんどんブドウ糖と結合していくため、糖尿病検査においてとても重要な意味を持っています。

つまり、ヘモグロビンA1cの値が大きければ大きいほど、体内では高血糖が続いているということになるのです。

一般的な血糖値の検査では、その場の血糖値を計るだけしか出来ませんが、ヘモグロビンA1cの検査を行えば、過去1~2ヶ月間の血糖値の状況を把握することができます。

何故なら、ヘモグロビンの寿命は4ヶ月ほどもあると言われており、その間ずっと体内を流れながら余分なブドウ糖と結合しているわけです。

一般的な血糖値の検査では、食前か食後か、または食事をしてどれくらい時間が経っているか等によって、その際の血糖値が違ってきます。

ですが、ヘモグロビンA1cの検査では、これまでの1~2ヶ月の間、どの程度余分な糖分が体内にあったのかを知ることが出来るため、本当の意味での血糖値の状態を知ることができるという事になります。

ヘモグロビンA1cについて書いてきました。
血糖値の状態を知っておけば予防の早い段階でできますので、非常に大事なことだと思います。

スポンサーリンク
PR
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
PR