血糖値は早食いの改善が効果的?

スポンサードリンク

血糖値を急上昇させる早食いについて

昔は食事をのんびりとっていると「早食い、早糞、芸のうち」なんて嫌味を言われたものですが・・・

近年その早食いが肥満に繋がるということが常識となりつつあります。

ここでは早食いは血糖値を急上昇させ、肥満に繋がるということを少々書いてみたいと思います。
さて、早食いは一気に食べることで、急上昇した血糖値を抑制するために、多量のインス
リンが分泌されます。

その多量に分泌されたインスリンが血液の中の糖を脂肪に転換させるために肥満になると
言われています。

また毎回の食事のたびにインスリンが大量に分泌されるとすい臓の疲労度をアップさせる
ため糖尿病にも繋がることから早食いは好ましいものではないのです。

早食いの癖はなかなか改善できるものではありません。

ゆっくりかんで食べることは顎の発達にも関係があることは周知のことですが、インスリ
ンの分泌を抑える役目も果たします。

その結果肥満や糖尿病の予防につながるのです。

また、野菜などを主食の前に食べることで満腹感が早く訪れるため食べ過ぎないというこ
とも言われています。

毎日の食事は、低カロリー、低脂肪のメニューを心掛けるようにし、血糖値を下げる努力をして下さいね。

最後に早食いの癖は子供の時につきやすいそうです。

あなたにもしお子様がいればゆっくりかんで食べる習慣をつけてあげるのがいいでしょう。

その時には繊維質の多いもの、言い換えれば歯ごたえのあるものを食べさせてくださいね。




coded by nessus
スポンサーリンク
PR
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
PR