血糖値が下げると安心できる?

スポンサードリンク

血糖値は、通常の状態では血糖を下げるインスリンと血糖を上げるグルカゴンの作用によって調

節されている。(ウィキペディア)

ここでとりあげるのは高血糖ですが、高い血糖値を下げるまたは調節するのはインスリンだけなのです。

会社や定期健康診断などで「血糖値が高いですね」と注意されたことはありませんか?

健康診断などで注意をされるのですから、体に不調があるとは考えますが、血糖値が高いと言わ

れてもあまりピンとこないのではないでしょうか?では、なぜ高血糖ではダメなのでしょう。

まず最初に糖尿病になる原因は高血糖が一番の要因だということです。

血糖値が慢性的に高いと、糖尿病を発症する可能性がとても高くなります。

糖尿病は怖い病気です。それは合併症を引き起こす危険度が高いからです。

心臓、脳、脚、眼、腎臓など、障害が身体のあちらこちらに起こってくるのです。

例をあげれば、目が見えなくなる等の「網膜症」、尿が出なくなり、身体がむくむ等の「腎症」、

手足が痺れる等の「神経障害」。

俗にいう糖尿病の3大合併症で、糖尿病が原因となる動脈硬化によって発症するのだそうです。

また、糖尿病患者は、心筋梗塞や心臓発作、脳梗塞や脳卒中をひき起こす確率も高いと言わ

れています。

高血糖が糖尿病への引き金になる事以外の身体への影響については、

・血管に水分が溜まり易くなる為に高血圧になる

・高血糖値の状態が続く事で空腹と満腹のシグナルがうまく働かず、食べてばかりで肥満に繋

がる

・代謝に異常がある為に、善玉コレステロールが低くなったり、中性脂肪が高くなったりする
等が挙げられます。

血糖値は、通常の状態では血糖を下げるインスリンと血糖を上げるグルカゴンの作用によって調

節されている。(ウィキペディア)

ここでとりあげるのは高血糖ですが、その他には低血糖値、尿糖などがあります。

高い血糖値を下げるまたは調節するのはインスリン力が必要とします。

会社や定期健康診断などで「血糖値が高いですね」と注意されたことはありませんか?

健康診断などで注意をされるのですから、体に不調があるとは考えますが、血糖値が高いと言

われてもあまりピンとこないのではないでしょうか?

では、なぜ高血糖ではダメなのでしょう。

まず最初に糖尿病になる原因は高血糖が一番の要因だということです。

血糖値が慢性的に高いと、糖尿病を発症する可能性がとても高くなります。

糖尿病は怖い病気です。それは合併症を引き起こす危険度が高いからです。

心臓、脳、脚、眼、腎臓など、障害が身体のあちらこちらに起こってくるのです。

例をあげれば、目が見えなくなる等の「網膜症」、尿が出なくなり、身体がむくむ等の「腎症」、

手足が痺れる等の「神経障害」。

俗にいう糖尿病の3大合併症で、糖尿病が原因となる動脈硬化によって発症するのだそうです。

また、糖尿病患者は、心筋梗塞や心臓発作、脳梗塞や脳卒中をひき起こす確率も高いと言わ

れています。

高血糖が糖尿病への引き金になる事以外の身体への影響については、

・血管に水分が溜まり易くなる為に高血圧になる

・高血糖値の状態が続く事で空腹と満腹のシグナルがうまく働かず、食べてばかりで肥満に繋

がる

・代謝に異常がある為に、善玉コレステロールが低くなったり、中性脂肪が高くなったりする
等が挙げられます。

血糖値が高いぐらいではそんなに注意する事はないかと軽く考えず、少しでも改善するような

努力をした方が良いでしょう。

高血糖については異常です。

蛇足ですが、私のとなりのおじさんの話では足の指が腫れ手術で足を切ったといいます。

糖尿病の合併症とは聞きました。

高血糖→糖尿病 特に年齢が高くなるにつれてかかりやすくなるようです。

絶対なりたくない病気の一つではないでしょうか。

そのためには日頃から血糖値を把握しておく必要がありそうです

スポンサーリンク
PR
PR
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
PR